「中国が米中間選挙に介入を企て」 トランプ大統領が非難

ニューヨーク(CNN) アメリカのトランプ大統領は26日に開かれた国連安全保障理事会の演説で、11月に行われる米中間選挙に対して中国がトランプ政権の妨害を狙った介入を企てていると主張しました。

トランプ大統領は、核不拡散について話し合うはずの会合で、「残念ながら、11月に行われる中間選挙で中国が私の政権に対する妨害を企てていることが分かった」と発言しました。根拠についてはほとんど明らかにしないまま、選挙介入の企ては、米中間の貿易戦争に対する報復だと主張しました。

さらに、「彼らは私や我々の勝利を望んでいない。なぜなら私は中国との貿易に対抗した初めての大統領だからだ」と述べ、「我々は貿易で勝利しつつある。あらゆるレベルで勝っている。次の選挙に対する彼らの介入や妨害は望まない」と強調しました。

これに対して中国の王毅外相は、「中国は一貫して、他国の内政に対する不干渉の原則を貫いてきた」と反論しました。「中国に対する事実無根の非難は受け入れられない。他国に対しても、国連憲章を守り、他国の内政に干渉しないよう求める」と訴えました。

トランプ大統領の安保理での発言について、米政府高官も同日、中国が11月の中間選挙に介入を試みていると語りました。しかし大統領の発言を裏付ける確固とした根拠は示していません。

トランプ大統領はその後、中国が中間選挙への介入を試みているという主張について質問され、「彼らが私の勝利を望んでいない証拠はたくさんある」と強調しました。

ご感想

他の情報