中国主席、領土は「一寸たりとも」失えない 米国防長官との会談で

[ロイター] - 中国の習近平国家主席は27日、訪中しているマティス米国防長官に対し、中国は平和を志向していますが、祖先が残した領土は「一寸たりとも」失うわけにはいかないと強調しました。

国営テレビによりますと、習主席は人民大会堂で行われた会談で、中国には平和志向しかなく、「混乱を引き起こす」ことはしないと表明しました。その一方で、両国の共通利益は相違点よりはるかに勝っていますが、領土問題について譲歩するわけにはいかないと語りました。特定の領土問題への言及はありませんでした。

アメリカは中国による南シナ海の軍事拠点化を批判しており、両国関係に緊張をもたらしています。習主席の発言は、この問題の根深さを浮き彫りにしました。

マティス長官は、記者団を前に習氏に対し、「極めて」良い会談になったと評しました。中国が米中間の軍事関係に、アメリカと「同程度の比重を置いている」ことに満足していると語りました。

マティス長官に同行している米国防当局者らは記者団に、総じて前向きで率直な議論が行われたと説明しました。双方は対立点を認めながらも、朝鮮半島の非核化など、連携すべき分野に注力する姿勢も示したといいます。

シュライバー国防次官補(アジア・太平洋地域の安全保障問題担当)は「意見の異なる分野が見つかったが、それほど長引くことはなかった」と述べました。また、双方は南シナ海について協議を続けることで合意したと明らかにしました。

マティス長官はこの日、中国の魏鳳和国務委員兼国防相とも会談しました。このなかで魏氏は「米中は、対立や衝突を避け、互いを尊重しウィンウィンの関係を維持してはじめて、ともに発展できる」と訴えました。

「米中両軍は両国首脳の一致した方針を実行し、相互信頼を高め、協力を強化、リスクを管理すべきで、両国軍の関係を2国間関係の安定要素にする必要がある」と述べました。

マティス長官は魏氏に対し、「軍同士の関係は両国の広範な関係にとって重要」と指摘しました。また、魏氏に訪米を要請しました。

ご感想

他の情報