中国人民解放軍創設90年を前に 習国家主席が閲兵式へ

(NHK) -中国の習近平国家主席は中国人民解放軍が創設から90年を迎えるのにあわせて30日、内モンゴル自治区の訓練基地で閲兵式に臨みます。閲兵式はテレビで中継され、ことし後半に予定される共産党大会を前に習主席の威信を示し、団結を呼びかける狙いがあるものと見られます。

中国人民解放軍創設90年を前に 習国家主席が閲兵式へ - ảnh 1       国旗掲揚式の様子=THX/TTXVN

中国国営の新華社通信によりますと、中国人民解放軍は8月1日、創設から90年を迎え、軍のトップでもある習近平国家主席は30日、内モンゴル自治区にある訓練基地で行われる閲兵式に臨みます。

現場の訓練基地はアジア最大の基地とされ、閲兵式の規模など具体的なことは明らかにされていませんが、国営のテレビやラジオが現場から中継を行うとしています。
今回の閲兵式は習近平指導部がおととし、大規模な軍の改革に乗り出して以降、中国本土で初めて行われます。
習近平指導部としては、ことし後半に予定され、指導部のメンバーの大幅な入れ替わりを伴う5年に1度の共産党大会を前に習主席の威信を示し、団結を呼びかける狙いがあるものと見られます。

ご感想

他の情報