中国外相「習主席訪米で信頼高め疑い解く」


中国外相「習主席訪米で信頼高め疑い解く」 - ảnh 1
中国の習近平国家主席(写真: AFP/TTXVN)

(NHK)中国の習近平国家主席が来週、アメリカで行うオバマ大統領との首脳会談について、王毅外相は「信頼を高め、疑いを解くことに力点を置いている」と述べ、中国の海洋進出などアメリカが抱く懸念を和らげたいという考えを示しました。

中国の習近平国家主席が22日からアメリカを訪問し、25日にオバマ大統領と首脳会談を行うのを前に、16日、王毅外相が北京に駐在する各国の外交官らを前に講演しました。
この中で王外相は「今回の習主席の訪米は、信頼を高め、疑いを解消することに力点を置いている。両国が互いの発展の方向性や戦略的意図について確かめ合い、日増しに大きくなる共同の利益を確認できることを期待している」と述べました。
中国の海洋進出やサイバーセキュリティーの問題を巡ってアメリカは懸念を強めており、中国としてはみずからの立場を説明して、懸念を和らげたいという考えを示したものです。
王外相はまた、今回の訪問で米中それぞれの企業が投資をしやすくするため、交渉を続けてきた両国間の投資協定についても、「新たな重要な進展が得られるだろう」として、経済面でも関係強化を図りたいとの期待を示しました。

ご感想

他の情報