中国、薄被告 初公判始まる

中国で「最大の政治スキャンダル」と騒がれ、収賄と横領、職権乱用の罪で起訴された元共産党政治局員で元重慶市党委員会書記の薄熙来(被告の初公判が22日午前、山東省済南市の中級人民法院(地裁)で始まりました。


中国、薄被告 初公判始まる - ảnh 1
薄被告(写真:AP)

党最高指導部に次ぐ地位の政治局員の経験者が刑事責任を追及されるのは、2008年に収賄罪などで懲役18年の判決を受けた陳良宇・元上海市党委書記以来となります。薄被告は昨年3月の失脚以来、1年5カ月ぶりに公の場に姿を現しました。

検察側は起訴状で、薄被告の収賄額は約2千180万元(約3億3千万円)、横領額は500万元(約8000万円)に上ると指摘しました。

公判は薄被告の家族五人や中国人記者ら計110人が傍聴(ぼうちょう)しています。ほとんどのメディアは傍聴できませんが、地裁の簡易ブログ「微博」が審理の経過を細かく伝える異例の対応をとっています。

 

 

ご感想

他の情報