中国、金融業対外開放の強いシグナルを世界に発信

(japanese.china.org.cn)中国の習近平国家主席は10日のボアオ・アジアフォーラム2018年度年次総会開幕式で、「昨年末に発表した銀行・証券・保険業の外資出資比率規制緩和の重要措置を確実に実施する必要がある」と明らかにしました。
中国、金融業対外開放の強いシグナルを世界に発信 - ảnh 1 中央銀行の易綱総裁(写真:AFP/TTXVN)

(japanese.china.org.cn)中国の習近平国家主席は10日のボアオ・アジアフォーラム2018年度年次総会開幕式で、「昨年末に発表した銀行・証券・保険業の外資出資比率規制緩和の重要措置を確実に実施する必要がある」と明らかにしました。同時に、開放拡大を進め、保険業の開放を急ぐとともに、外資金融機関の設立に関する規制緩和を行うべきだと述べました。

 これを受けて、中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁が11日午前に金融業の対外開放拡大に関する10項目余りの措置を発表したのに続き、中国証券監督管理委員会(証監会)は「滬港通、深港通」(上海・深セン証券取引所と香港取引所の株式相互取引)の1日あたりの投資上限額を4倍に拡大すると発表しました。

ご感想

他の情報