中国首相「領土保全の意志揺るがず」

中国首相「領土保全の意志揺るがず」 - ảnh 1
李克強首相(写真:zimbio

(NHK) 中国の李克強首相は北京でアメリカ議会の代表団と会談し、「国家の主権を守り、領土を保全する意志は揺らぐことはない」と述べ、日本を訪問しているオバマ大統領が沖縄県の尖閣諸島に日米安全保障条約が適用されると明言したことを念頭に、アメリカをけん制しました。

中国の李克強首相は24日、中国を訪問しているアメリカ議会の代表団と北京で会談しました。
国営の中国中央テレビによりますと、李首相は「平和的発展の道を歩むという決心は揺らぐことはないが、国家の主権を守り、領土を保全するという意志も揺らぐことはない」と述べたほか、沖縄県の尖閣諸島について中国側の立場を伝えたということです。
また、中国共産党の序列3位で全人代=全国人民代表大会の張徳江委員長も「中国は断固として国家の主権を守り、領土を保全する」と強調したということです。

ご感想

他の情報