中国、2カ月ぶり追加緩和 利下げ0.25%幅


中国、2カ月ぶり追加緩和 利下げ0.25%幅 - ảnh 1
写真はイメージです。


中国人民銀行(中央銀行)は23日夜、貸し出しや預金の基準金利などを引き下げる追加の金融緩和策を発表しました。22日には欧州中央銀行(ECB)が新興国の景気減速などに対応した追加緩和を示唆しました。市場では、日本銀行が30日の金融政策決定会合で追加緩和に踏み切るとの観測も強まりますが、動くかどうかはまだ見通せないということです。

人民銀の追加緩和は24日実施で、人民元切り下げが世界的な株安につながった8月下旬以来2カ月ぶりとなっています。基準金利は1年物で0・25ポイント引き下げ、貸し出しは4・35%、預金は1・5%となります。金融機関から強制的に預金の一部を預かる預金準備率も引き下げます。

人民銀が昨年11月に金融緩和局面に入ってから6度目の利下げで、金利はすでに過去最低の水準にあります。

ご感想

他の情報