中央宣伝教育委代表団、ビンフック省を視察

14日から28日にかけて共産党政治局員で、中央宣伝教育委員会のディン・テ・フイン委員長率いる作業グループは「現在の党建設に関する差し迫った問題」に関する第11期共産党中央委員会第4回総会決議の実施状況を見極めるため、北部ビン・フック省を視察しました。

フイン委員長は「同決議が実施されてからこの1年、地元の党建設と幹部育成に深い関心が寄せられてきた結果、幹部、党員、及び地方行政と党委員会委員長の責任感が高まり、党と政治システムに対する住民の信頼も高まっている」と評価し、次のように語りました。

(テープ)

「ビンフック省党委員会に対し、傘下の各党委員会に党活動の質的向上や党内の道徳と政治思想の衰退の防止対策を断固として実施するよう指示することを求めます。」

ご感想

他の情報