中露印外相会議が北京で開催、戦略的協調の強化で一致

中露印外相会議が北京で開催、戦略的協調の強化で一致 - ảnh 1 
写真:THX/TTXVN

(Japanese china.org.cn)2日、北京で、中国外交部(外務省)の王毅部長(外相)、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相、インドのスシマ・スワラジ外相は第13回中露印外相会議を行ないました。中国新聞網が伝えました。

王部長は、「中国・ロシア・インドは 世界の大国であり、互いに戦略的パートナーだ。3カ国が戦略的協調を強めることは、世界の多極化、国際関係の民主化を推進し、協力・ウィンウィンを核心とする新型の国際関係の構築を模索する上で、プラスの、大きな影響を与える」と指摘し、さらに「中露印外相会議のメカニズムが、この13年間、たゆまぬ発展を遂げられたのは、3カ国の良好な関係、外交理念の相似、利益の一致によるものである」と強調しました。

また、「今年、国連創設70周年、世界反ファシズム戦争勝利70周年にあたり、これは、世界各国が歴史を心に刻み、未来に向かい、平和をより一層大切にし、平和を守る良いきっかけとなる。3カ国は意思疎通、協調、協力を重ね、関連の記念活動の実施を支持し、第2次世界大戦の勝利の成果を共に守る必要がある。重要な国際・地域問題に関する3 カ国の意思疎通と協調が強化されることだろう」としています。

3カ国の外相は、共に関心を寄せる国際・地域問題についても意見交換を行ないました。

ご感想

他の情報