中露首相が共同記者会見=北京

(japanese.cri.cn)李克強首相とロシアのメドヴェージェフ首相は1日午前、北京の人民大会堂での第22回中露首相定期会合を終え、共同記者会見を開きました。

中露首相が共同記者会見=北京 - ảnh 1      (写真:Russia in RSA)

会見の中で、李首相は、中小企業及び極東地区開発における協力などについて、「中露両国はこれまで協力を続けてきた分野での協力拡大をはかると同時に、新たな協力分野を開拓しなければならない。今後はエネルギー事業、宇宙事業、航空事業、国境をまたいだインフラ施設の整備などの分野における戦略的大型協力プロジェクトに力を入れていく。また、活発な中小企業によるその強みを生かした新たな協力分野の開拓を支持していく。極東地区は中国の中西部地区と同様にきわめて大きなポテンシャルを有している。今後、極東地区の開発において、エネルギーや投資などの分野でロシア側と協力を拡大し、互恵共栄の関係を実現したい」と語りました。

また、ロシアのメドヴェージェフ首相は「今後、双方は積極的協力の意向と建設的態度で新たな協力分野を積極的に模索し、双方の貿易規模をさらに拡大していくと同時に、文化や教育分野における交流を強化し、金融面での連携を深め、世界経済のバランスのとれた健全な発展に寄与していきたい」と語りました。

ご感想

他の情報