中露首脳会談、合意文書に署名 

 

中露首脳会談、合意文書に署名  - ảnh 1
(写真:baotintuc.vn)


中国の習近平国家主席は3日、北京でロシアのプーチン大統領と会談しました。同日の反ファシスト戦争勝利70年記念行事でも並んで立った両首脳は、第二次大戦の“戦勝国”として蜜月をアピールし、欧米諸国を揺さぶる構えです。

中国の華僑向け通信社、中国新聞社によりますと、習氏は「中露は第二次大戦中、それぞれアジアと欧州の主戦場だった。勝利のために最大の犠牲を払った。果たした貢献も大きい」と強調しました。互いに戦勝記念式典に出席したことが、地域と世界の平和を促進すると主張しました。

プーチン氏は記念式典で習氏が発したメッセージを称賛した上で、中国との全面的な戦略的協力パートナー関係を深化させていく意向を表明しました。両首脳はエネルギー資源や投資、金融など20項目以上の協力に関する合意文書に署名しました。

ご感想

他の情報