交通インフラ整備等に突破口となる方策を

(VOVWORLD) -4日から6日にかけて、ハノイで開催中の第14期国会第5回会議では、政府閣僚による質疑応答が行われています。
交通インフラ整備等に突破口となる方策を - ảnh 1       テェ大臣

4日の質疑応答で、交通運輸省のグェン・バン・テェ大臣は、大都市を始めとする全国における交通インフラ整備と交通安全対策、BOT=建設・運営・譲渡方式による交通プロジェクトの実施に際しての問題点の解決策などについて質問に回答しました。テェ大臣は次のように語っています。            

(テープ)

「交通運輸部門は、党と政府の指導に従って、交通インフラ整備に取り組んでいます。しかし、ベトナムにおける交通インフラシステムは今なお多くの弱点を暴露し、要求にこたえていないという現状です。私たちは、交通インフラの開発、交通安全の確保は交通運輸部門と政治体制全体の責任であることを認識しています。交通安全の確保に向けた突破口となる方策をとる必要があると思います。交通インフラの場合、国家資金、借款の他、民間投資を活用するBOT方式の導入を推進することになります。BOT方式の導入は、正しい主張であり、現在の要求に応えるからです。」

ご感想

他の情報