交際女性「何も知らない」 米の銃乱射、FBIが聴取

【共同】米西部ラスベガスの銃乱射事件で、FBI=連邦捜査局は4日、自殺したスティーブン・パドック容疑者(64)と交際していた女性(62)がフィリピンから米国に戻った後、ロサンゼルスで事情聴取しました。
交際女性「何も知らない」      米の銃乱射、FBIが聴取 - ảnh 1         (写真:ロイター)

AP通信などによりますと、女性は弁護士を通じ、犯行計画を「何も知らなかった」とする声明を発表しました。トランプ大統領は4日ラスベガスを訪れ、負傷者を慰問しました。

FBI捜査官は4日の記者会見で、女性の聴取内容は明らかにできないとした上で「現段階でテロであることを示す証拠はない」と述べました。当局は事件の手掛かりを女性が握っているとみていました。

ご感想

他の情報