人権で事務レベル協議=国交交渉入り後初-米・キューバ

人権で事務レベル協議=国交交渉入り後初-米・キューバ - ảnh 1
(写真: AFP/TTXVN)

アメリカとキューバは31日、ワシントンで人権改善をめぐる事務レベル協議を行った。会合は「予備的協議」(米国務省)と位置付けられ、今後の対話の進め方などを話し合いました。1月に国交正常化交渉が始まって以降、両国による人権協議は初めてです。

キューバ外務省によりますと、協議では両国の人権への考え方に隔たりがあることが改めて確認されました。会合は互いを尊重する雰囲気の中で行われ、今後も人権問題を多角的に協議していくことで一致しました。

ご感想

他の情報