「人道月間」を発動

(VOVWORLD) - 11日午前、ハノイで、ベトナム赤十字協会中央委員会は、「人道月間2019」を発動し、5月8日の世界赤十字デーを記念する式典を開催しました。グエン・ティ・キム・ガン国会議長、ブ・ドゥク・ダム副首相らが参加しました。
「人道月間」を発動 - ảnh 1     ダム副首相

式典で発言に立ったダム副首相は次のように語りました。

(テープ)

「党と国家は、常に、国際赤十字赤新月社連盟の趣旨を重視、支持しており、ベトナムの赤十字協会と共に歩み、同協会の諸活動に最も有利な条件を作り出しています。今年の『人道月間』が初めて全国規模で開催されることは、人道活動に対する社会全体の関心を示しています。」

 一方、ベトナム赤十字協会のグエン・スアン・トウ会長は次のように述べています。

(テープ)

「人道月間を効果的に展開するためには、各レベルの赤十字協会は、人道事業に関するホーチミン思想の宣伝を促す必要があります。同時に、恵まれない人々、特に、交通事故の被害者への適切な支援を働きかけなければなりません。」

なお、「人道月間」の発動式典後、ガン国会議長、ダム副首相、及び各省庁、部門、団体、ハノイ市行政府の代表、国際友人、ボランティア、ハノイ市民たちは、「人道月間」に応え、ホアンキエム湖を一周歩いて回りました。

ご感想

他の情報