今週の主な文化とスポーツのニュース

始めに文化のニュースからお伝えします。

* 今週、ハノイで、ベトナム文化スポーツ観光省は1998年から2013年までの15年における第13期共産党中央委員会第5回総会の決議実施状況を総括する会議を行いました。この決議は先進的で、かつ民族色豊かなベトナム文化作りを目指すものです。会議での報告によりますと、この15年、文化発展に関する共産党の主張、ホーチミン思想は国内だけでなく世界に広がっています。ベトナム国土と人々を宣伝する諸活動が全世界に行われています。会議で発言にたったグェンタンズン首相は次のように語りました。

(テープ)

「文化部門は党と政府の主張を貫徹して2020年までの文化発展戦略を具体化させる必要があります。また、文化部門は国際文化へ参入しながら民族文化の美しさを生かし、そして、人類の文化の宝庫に貢献しなければなりません」

* 8日夜、ハノイ市の友好諸組織連合会と在ベトナムアセアン各国大使館の共催により、ASEAN東南アジア諸国連合設立46周年記念日を祝うコンサートが行われます。このコンサートはベトナムとASEAN各国の交流の促進並びにASEAN共同体の団結の強化を目指すものです。

* 北部ナムディン省の文化スポーツ観光局は政府がフーザイ祭りを国の無形文化財として認定するように申請書を作成しています。フーザイはナムディン省ブバン県キムタイ村にあるベトナム人の信仰を表す建築郡であり、聖母や神様を祀る21箇所があります。

次にスポーツのニュースです。

* 今週、ベトナム体操スポーツ総局のラムクァンタイン副局長は第2回アジアヤングスポーツ大会に参加する国内選手チームと会見しました。会見で、同副局長は今回のスポーツ大会がヤングオリンピック2014を準備するため、選手たちは全力を挙げて取り組むよう呼びかけました。なお、第2回アジア若手スポーツ大会は8月16日から24日まで中国の南京で開かれます。ベトナムチームは101人が参加し、17競技の内14種目にエントリーする予定です。

* 10日から30日にかけて、ハノイで、サッカー選手権大会「独立カップ」が開催されており、ハノイ市にある各政府機関と報道機関のサッカーチームがエントリーします。
この大会組織委員会のグェンバウビェット副委員長は次のように語りました

(テープ)

「このサッカー大会は9月2日の建国記念日と10月10日のハノイ解放記念日に向けて、毎年、開催されているものです。この大会は公務員、ジャーナリスト、編集スタッフ、会社員を対象にしたスポーツ活動で、今年、この大会に参加するサッカーチームは12チームに増えており、魅力的なスポーツ活動となっています」

ご感想

他の情報