仏教の優越性を強化

(VOVWORLD) - 国連ウェーサーカ祭2019の枠内で、13日午前、ハナム省、タムチュック寺で、「グローバルなリーダーシップと、持続可能な社会を目指す責任の共有に対する仏教のアプローチ」と題するシンポジウムが行なわれました。

席上、「持続可能な平和づくりを目指す適切な指導」や「幸せな家庭、健康ケア、持続可能な社会に対する仏教のアプローチ」、「教育、道徳に対する仏教のアプローチ」、「第4次産業革命と仏教の教育」などを主要議題として討議が行なわれました。ブータンのドリ・ドゥクパ和上は次のように話しました。

(テープ)

「現時点で、『仏教と持続可能な発展を目指す責任の共有』というテーマは適切なテーマであると思います。というのは我々はあらゆるものを浪費しており、将来のために何も貯えません。これは憂慮すべき課題となっています。」

ご感想

他の情報