「企業とともに」集い

3日午後、ホーチミン市で、同市の労働組合の主催の下、「企業とともに」と題する集いが行われました。この集いでは外資系企業と国内企業の社長、及び労働組合の議長が顕彰されました。これらの企業はダイナミックな生産経営活動を行い、納税義務果たし、労働者の物心両面での生活改善に関心を寄せ、労働者の業務能力の向上を援助してきた各社です。プラスチック株式会社ダイドンティエン社のチン・チ・クオン社長は次のように語りました。
(テープ)

「毎年、私たちは自社の戦略を基にそれぞれの担当部や個人に対する育成計画を作成します。また、労働者に対しては、労働安全、食品安全に関する研修会や職業訓練を実施します。会社の業績次第で、全社員に対し利益を配分します」

クオン社長はこのように語りました。

 

 

ご感想

他の情報