企業の技術導入を支援

(VOVWORLD) - 第4次産業加盟の活用はベトナムの政府、各機関、企業の差し迫った問題と見られています。

12日、ハノイで、VCCI=ベトナム商工会議所は技術分野に携わる企業「SOLOMON」社と連携して、「モノのインターネット・ロボット・人工知能」に関する会議とインダストリー4・0を披露する会を行いました。

席上、参加者らは、「第4次産業革命のブームはベトナム企業の能力向上や、新製品開発、原材料節約、コストダウン、ビジネスチャンス探しなどに役立つ」との確信を示しました。

一方、科学技術省所属ハイテク局のダオ・ゴック・チェン副局長は、「政府は具体的な措置を取る」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「科学技術賞はVCCIと連携して、能力向上や、インダストリー4・0へのアプローチなどの面で、企業を支援していきます。また、複数の政策を通じて、第4次産業革命の成果の適応も支援します。」

席上、「SOLOMON」社は、複数の先進的ソリューションや、人工知能による製品などを紹介しました。

ご感想

他の情報