保健大臣、国会・社会問題委員会で陳述

保健大臣、国会・社会問題委員会で陳述 - ảnh 1

13日午前、ホーチミン市で、開催された国会・社会問題委員会で保健省のグエン・ティ・キム・ティエン大臣は診療所に対する活動証明書と許可証の発給について陳述しました。

保健省の報告によりますと、現在、全ての私立病院や診療所は各地方の保健局により、医療活動証明書と許可書が発給されていますが、活動証明書が発給される国立病院の割合は90%、許可書の場合は95%にとどまっています。こうした事情を踏まえ、保健省はこれまで、一回だけの発給ではなく、5年に一度、定期的に発給するよう提案しました。

なお、この会議で、代表者は保健大臣に対し、医療活動証明書の発給における中央と地方機関の協力や大臣の責任、診療所の定期的検査などに関し、様々な質問を出しました。

ご感想

他の情報