「停戦」暗雲、重火器撤去期限も双方が拒否

「停戦」暗雲、重火器撤去期限も双方が拒否 - ảnh 1
デバリツェボでのウクライナ軍の戦車(写真: AFP/TTXVN)

15日に停戦が発効したウクライナ東部の紛争は17日午前0時(日本時間同7時)、ウクライナ軍と親ロシア派武装勢力の双 方が、停戦合意に定められた前線から重火器撤去を開始する期限を迎えました。しかし停戦後も依然として交戦が続き、互いに一方的な撤去を拒否。停戦は初期の段 階で早くも行き詰まりを見せています。

東部をめぐっては、親露派が政権側部隊の数千人を包囲する東部の要衝デバリツェボなどで16日も激し い戦闘が続きました。ウクライナ軍当局は同日、「停戦がまだ実現していない」とし、現状のままでは重火器撤去は困難と表明しました。同軍当局は、停戦後も親露派か ら100回以上の攻撃を受けたとしています。親露派は、デバリツェボのウクライナ軍兵士に対し、武器を置き撤退するよう要求しています。

一方、ロシア大統領府は17日未明、同国のプーチン大統領とウクライナのポロシェンコ大統領、ドイツのメルケル首相が電話会談し、デバリツェボなどをめぐる停戦の履行状況や、停戦監視にあたる欧州安保協力機構(OSCE)の役割などについて協議したと発表しました。

ご感想

他の情報