傷病軍人戦没者の日に向けた諸活動

(VOVWORLD) -7月27日の傷病軍人戦没者の日70周年記念日を前に、全国各地では様々な活動が相次いでいます。

21日午前、ベトナム祖国戦線中央委員会幹部会のチャン・タイン・マン議長は北部ハーナム省の革命功労者療護センターを訪れ、贈物を渡しました。ここで、マン議長は次のように語りました。

(テープ)

「ハーナム省祖国戦線に対し、現地に住む傷病軍人や革命功労者をさらに支援する為に、引き続き『恩に報いる』基金への募金運動を募るよう求めます。特に、ハーナム省の革命功労者療護センターにいる傷病軍人へのケアにさらに配慮する必要があります。」

 一方、21日午前、ハノイ市内のVOV=ベトナムの声放送局の本部で、VOVは傷病軍人や戦没者の遺族である幹部、職員との懇親会を行いました。

傷病軍人戦没者の日に向けた諸活動 - ảnh 1 ハイ副総裁

席上、ブーハイ副総裁は「この数年間、ベトナムの声放送局は常に、適切な行動により、恩に報いる諸活動に配慮している」」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「今後、VOVに所属する各機関は引き続き、恩に報いる諸活動を日常的に行うことになります。これは、我々の責任であり義務でもあるからです。傷病軍人や戦没者の遺族の皆さんに引き続き革命の伝統を活かして、国の建設発展事業に寄与してゆくよう期待しております。」


ご感想

他の情報