先週の主な文化スポーツニュース

初めに文化ニュースです。

*15日、ホーチミン市でミス・ベトナムコンテスト2016が始動しました。組織委員会によりますと、今回のコンテストには「ミス仁愛」という称号が新たに導入され、決勝戦に残った40人はそれぞれ1件の慈善プロジェクトを担当することになります。なお、決勝戦は8月27日夜、ホーチミン市で開催される予定です。

*3月14日から20日にかけて、中部クアンナム省ホイアン市で、同市初となる「ホイアン国際食品フェスティバルが開催されています。フェスティバルでは、世界文化遺産のホイアンで世界中の料理を楽しむことができます。中でも見所は、世界的に有名なシェフ13人とホイアン市の人気レストラン13店のシェフが創りだす料理を試食できる「試食ツアー」です。また、これはホイアン旧市街の文化と歴史をピーアールするチャンスともなっています。ホイアン市は、世界遺産に登録されている古い町並みだけでなく、料理でも有名な街です。

**19日と20日の2日間、ハノイで、ベトナム・日本文化交流活動が活発に行なわれました。日本からは、桜の展示や、伝統的な着物の紹介、アニメの上映などが行われると共に、日本文化への知識コンテストが開催されました。ベトナムからは、獅子舞や民謡カチュ、チャウヴァン、チェオという無形文化遺産が披露されました。ハノイ文化スポーツ局のチュオン・ミン・ティエン副局長は次のように語りました。

(テープ)

「この機にあたり、日本側はハノイ市に200本の桜の枝木を贈りました。文化交流活動後、バクトゥリエム区のホアビン公園に桜の木を植えるセレモニーを行ないます。ベトナム・日本文化交流活動は、日本文化へのハノイ市民の理解の向上に寄与し、両国の友好関係を緊密化させることでしょう。」



先週の主な文化スポーツニュース - ảnh 1
写真提供:Thainguyentv.vn


*14日から18日にかけて、北部タイグエン市のベトナム民族文化博物館でベトナム写真家協会は同博物館と協力し、国際芸術写真展を行ないました。今回、出展された150点の芸術写真は昨年、ベトナムで開催された2つの芸術写真コンクールの応募作品1万点の中から選ばれたものです。

なお、国際芸術写真コンクールは2年ごとにベトナムで開催されています。

次はスポーツニュースです。

*今週、ハノイで第5回アジアビーチゲームズ大会組織委員会は記者会見を行い、同大会のスポンサーを呼びかけました。組織委員会はベトナムとタイの2つの大手グループとスポンサー契約を締結しました。これに基づき、ベトナムのバオベト保険会社はベトナム選手団に5億5千万ドン、約288万円を融資し、タイのフットボール・ファクトリー・スポーティング・グッドズ有限会社は100万ドル相当の物資を提供することになります。なお、この大会は9月24日から10月3日にかけてダナン市で開催されます。

*先頃、ホーチミン市で第6回国際チェス選手権大会HDバンク杯が開催され、中国の男性選手が優勝し。ベトナムのグエン・ゴック・チュオン・ソンさんは5位に立っています。ソンさんの話しです。

(テープ)

「今回の選手権で外国人選手との競い合いはとても厳しかったです。中国の選手は強いからです。また、アゼルバイジャンやウクライナなどの選手の能力はベトナムの選手に相当します。」

なお、ベトナムの女子選手ファム・レ・タオ・グエンさんは女子の競技種目で優勝しました。

*先頃、国際女子自転車レース拡大選手権大会・ビンズオン2016が開催され、日本のかねこ・ひろみ さんが優勝し、タイとベトナムのレーサーが続いています。この大会にはベトナムの8チームのほか、日本、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、カザフスタン+の6チームが参加しました。

ご感想

他の情報