先週の文化スポーツニュース

始めに、文化ニュースをお伝えします。

・ベトナムの著名な詩人グェン・ズー生誕250周年を記念して、北部バクニン省博物館で、「バクニンにおける詩人グェン・ズー家族の遺物」をテーマにする展示会が行なわれています。展示会では、詩人グェン・ズーの家族に関する250点の品々や写真、遺物が展示されています。詩人グェン・ズーと本人の作品である『キエウ物語』は国内は勿論ですが世界的にも幅広く知られています。現在、グェン・ズーの詩『キエウ物語』は20の言語で翻訳されています。ベトナムの収集家グェン・カック・バオさんは次のように明らかにしています。

(テープ)

「ベトナムの人々は『キエウ物語』を好んでいます。私はこれまでに、各年代に漢字とチュノムで出版されたこの物語61冊を収集してきました。それらは『キエウ物語』原作の復元に役立つものでしょう。」

・先週、ハノイ市内のオペラハウスで、「トヨタ・クラシックコンサート2015」が開催されました。ベトナムのバイオリン奏者ホアン・トアン・クオン氏のほか、ハンガリー国立歌劇場の著名なアーチストやオペラ歌手が出演しました。

・先週、ハノイ市文化スポーツ局はベトナムの世界無形文化遺産の「カーチュー」に関する座談会を行ないました。「カーチュー」は幾つかの民族楽器から紡ぎだされる節に、歌い手がゆったりと詩を歌う伝統的芸能の一つです。

先週の文化スポーツニュース - ảnh 1
カーチューの演奏

現在、ハノイ市には、14の「カーチュー」クラブが活動しており、30余の古典舞踊を維持し、18の新しい舞踊を創作してきました。ハノイ市文化スポーツ局のチュオン・ミン・テェン副局長は次のように明らかにしています。

         (テープ)

「ハノイ市文化スポーツ局はこの座談会の結果を礎にして、2016~2020年期のカーチューの保存の活用に関する長期的計画を立案します。私たちはこの計画案をハノイ市人民委員会に提出します。」

次はスポーツニュースです。

・先週、ホーチミン市で開催されたホーチミン市国際柔道選手権大会で、ベトナムは金メダル6個を獲得して、総合優勝しました。日本は金メダル4個、韓国は3個で、それぞれ2位と3位でした。

 

・今月15日から19日にかけて、中部ダナン市で、国家水泳選手権大会が行なわれました。今回の大会で、軍隊チームが金メダル16個を獲得して、総合優勝しました。ホーチミン市のチームは金メダル14個、ダナン市のチームは5個でそれぞれ2位と3位でした。

・先週、ホーチミン市で開かれたテニスのベトナムオープンATPチャレンジャーで、インドのSakethMyneni選手が男子シングルで優勝しました。また、男子ダブルスではフランスのTristan Lamasine選手とドイツのNils Langer選手組が優勝しました。

ご感想

他の情報