児童労働者に関する国際労働基準で対話を行う

(VOVWORLD) -この対話は代表らがベトナムと世界各国の経験を交流した上で、児童労働者使用防止対策を提出するためのものです。
児童労働者に関する国際労働基準で対話を行う - ảnh 1      在ベトナムILOの代表

13日、ハノイで、労働傷病軍人社会事業省はILO=国際労働機関と協力して、ベトナムが貿易に関する国際条約を履行している背景における児童労働者に関連する国際労働基準について対話を行いました。

この対話は代表らがベトナムと世界各国の経験を交流した上で、児童労働者使用防止対策を提出するためのものです。

対話で、労働傷病軍人社会事業省子ども担当局のダン・ホア・ナム( Dang Hoa Nam) 局長は児童労働者使用に歯止めをかけるため、国家機関、企業、社会団体の協力が必要であると明らかにすると共に「2016年~2020年期における児童労働者軽減と撤廃プロジェクトは関連各機関の責任を明記した」と強調しました。ナム局長は次のように語りました。

(テープ)

「このプロジェクトは児童労働者の使用を防止する対策を集中的に取り上げます。児童労働者が社会共同体に復帰できるように、対策をとります。その他、使用者、共同体、子どもに関連する各レベルの行政府、機関の認識、能力、責任に関連する目標も設定しました。」

ご感想

他の情報