児童評議会の役割の発揮

(VOVWORLD) -この2年間、北部イエンバイ省、クアンニン省、中部ビンディン省、南部ホーチミン市で試験的に展開されてから、児童評議会が前向きな成果を収めました。
児童評議会の役割の発揮 - ảnh 1      (写真:tuoitrethudo.com.vn )

30日午前、ハノイで、少年先鋒隊中央評議会と文化教育児童青少年委員会、貧困や差別のない社会を実現するために世界70カ国以上で活動する国際NGOプラン・インターナショナルとの共催により、「児童評議会の展開モデルの経験を討議するシンポジウムが行われました。

シンポジウムで、代表らは「この2年間、北部イエンバイ省、クアンニン省、中部ビンディン省、南部ホーチミン市で試験的に展開されてから、児童評議会が前向きな成果を収めた。これにより、子どもたちは学習、娯楽に関連する自分の意見や願望を語るチャンスがくるだろう」との見解で一致しました。ハノイ市少年先鋒隊評議会のブイ・ラン・フォン( Bui Lan Phuong) 副会長は次のように語りました。

(テープ)

「ハノイ市の児童評議会は2年に一度会議を開きます。そのテーマは子どもの事故、溺死、子どもの暴力、児童労働など社会の差し迫った問題が議題となってきました。これらの会議を通じて、子どもたちから寄せられた意見や願望が適宜に解決されるようになります」

これまで達成した成果を基礎に、2019年~2021年に、少年先鋒隊中央評議会とプラン・インターナショナルは覚書に調印し、今後、他の5つの省や市での児童評議会の発足を支援します。プラン・インターナショナル・ベトナムの代表レ・クイン・ラン( Le Quynh Lan) 女史は次のように語りました。

(テープ)

「私たちは子ども国会を試験的に行うことを望んでいます。その他、私たちは子どもが実施する研究テーマを発表します。これは新しい内容です」


ご感想

他の情報