党と国家、クメール族に関心

 党と国家、クメール族に関心 - ảnh 1
写真:Duy Khuong


9日、西南部指導委員会と南部カントー市の各省庁の指導者からなる代表団はクメール族の伝統正月チョル・チョナム・トメイにあたり、クメール族出身の定年退職者、愛国僧侶団結協会、クメール族の仏教寺院、及びカントー市に住むクメール族の人々を訪れ、プレゼントをしました。

西南部指導委員会のグエン・フォン・クァン副委員長は「これまで、党と国家は常にクメール族の人々の生活に深い関心を寄せてきた。今後、西南部指導委員会はカントー市をはじめ、西南部地域に住むクメール族の貧困世帯や貧困ラインに近い家庭を対象に支援政策や職業訓練を促進する計画がある」と明らかにしました。

他方、同日、西南部指導委員会の代表団は南部ソクチャン省の愛国僧侶団結協会の元を訪れました。

ご感想

他の情報