党中央委、複数の問題を討議

(VOVWORLD) - 既にお伝えしましたように、4日午前、ハノイで、第12期ベトナム共産党中央執行委員会の第6回会議がグエン・フー・チョン書記長の主宰の元、開幕しました。
党中央委、複数の問題を討議 - ảnh 1        (写真:TTXVN)

会議で、党中央執行委員会は、2017年の経済社会と財政・予算の状況、2018年の経済社会発展計画と財政・予算案、国民の健康保護作業と人口問題、国家機関の活動の効果向上、政治システムの健全化などについて協議する予定です。

開幕式で演説にたったチョン書記長は、今回の会議は、経済社会発展、政治の刷新など国の差し迫った問題について話し合うと明らかにしました。

チョン書記長は次のように語りました。

(テープ)

「党中央委員会委員に対し、未解決問題や、弱点とその原因を客観的に分析・評定するよう求めます。同時に、自分が担当する機関と分野の活動から経験と教訓を引き出し、この30年間に実施されてきたドイモイ刷新事業を総括するした上で、今後の方向、任務、目標を出す必要があります。それらの方向、任務、目標は、政治システム全体や、党、国家、祖国戦線の各機関、社会団体の現状に合致し、問題解決と組織健全化に役立つものでなければなりません。」

また、国営機関の健全化や、活動の効果向上に関し、チョン書記長は、「その事業への知識人や、専門家、技術者の貢献を奨励する措置をとる必要がある」と訴え、次のように語りました。

(テープ)

「国営機関と国営企業の刷新の意義や、重要性の分析に力を入れる必要があります。その刷新を断固として促進していきますが、持続的な措置をとらなければなりません。また、国の国際社会への参入や、社会主義的方向に沿った市場経済発展、第4次産業革命に対する国営機関・企業の役割、地位を確定することも重要です。」

このように語ったチョン書記長は党中央委員会委員らに対し、責任感を高め、今総会で発表される各報告、提案を討議・決定するよう要請しました。

ご感想

他の情報