党中央宣伝教育委員長、モロッコの首相らと会見

(VOVWORLD) - 13日から17日まで、ベトナム共産党中央宣伝教育委員会のボ・バン・トゥオン委員長はモロッコ訪問を行いました。訪問期間中、トゥオン委員長はモロッコの首相や、下院議長などと会合を行いました。
党中央宣伝教育委員長、モロッコの首相らと会見 - ảnh 1     写真:TTXVN

サアドエッディン・エル・オトマニ首相との会見で、トゥオン委員長は、「ベトナムは、モロッコがASEAN=東南アジアア諸国連合との関係を拡大させるための懸け橋としての役割を果たす用意があるとともに、観光、文化、クリーンエネルギー、農業などの分野でモロッコとの関係を強化していきたい意向がある」と再確認しました。

一方、サアドエッディン・エル・オトマニ首相は、「モロッコはベトナムとの関係をあらゆる分野で強化していきたい」と再確認し、両国がこれまで締結してきた協力合意を迅速に展開するよう訴えました。

モロッコのハビブ・エル・マルキ下院議長との会見で、トゥオン委員長はモロッコ議会に対し、「ベトナム国会との訪問団交換を強化し、両国政府が達成してきた合意の展開に有利な条件を作り出し、国際場裏での協力・協調を促進していくよう提案しました。

一方、ハビブ・エル・マルキ下院議長はベトナムに対し、「モロッコがASEAN諸国との関係を強化するために支援するよう」求め、「モロッコはASEAN議員会議のオブザーバーになりたい意向がある」と明らかにしました。

ご感想

他の情報