全国規模のプラスチックごみ対策運動

(VOVWORLD) - 9日午前、ハノイで、資源環境省、ハノイ市人民委員会、ホーチミン共産青年同盟中央委員会は、全国規模のプラスチックごみ対策運動を発動する式典を行いました。
全国規模のプラスチックごみ対策運動 - ảnh 1 式典の様子

式典で発言に立ったグエン・スアン・フック首相は、「2021年までに、全ての店や、市場、スーパーマーケットで、ビニール袋を始め、使い捨てプラスチックを使用しない。また、2025年までに、全国で、使い捨てプラスチックを使用しない」という目標を明らかにしました。

(テープ)

「政府は、企業共同体に対し、社会的責任を高めて、プラスチックごみ対策を行うよう呼びかけます。また、店や、市場、スーパーマーケット、観光地、ホテルなどにビニール袋を始め、使い捨てプラスチックの使用を止めて欲しいです。買い物をする人たちに、繰り返し使える袋や、環境に優しい袋を持参するよう奨励します。今から、それぞれの家庭、個人に対し、小さな行動でも、プラスチックごみにノーと言い、生活の環境保護に寄与していただければ、と思います。」

フック首相はさらに、資源環境省を始め、関連各省庁、部門に対し、プラスチック製品、使い捨てプラスチック製品の抑制に関する政策、及び、環境に優しいプラスチックの代替素材の開発奨励に関する政策を完備させるよう要請しました。

ご感想

他の情報