共産青年同盟、党大会草案へ意見を出す

共産青年同盟、党大会草案へ意見を出す - ảnh 1

 
21日、ハノイで、第12回党大会の文献草案への共産青年同盟の幹部やメンバー、青年の意見を集約する会議が行われました。

会議で、ベトナム祖国戦線中央委員会幹部会のグェン・ティン・ニャン議長は「若者の意見提出は党の戦略や政策に対する若者の知恵や責任感を生かすチャンスとなる」と強調すると共に、共産青年同盟のメンバー、青年に対し、国の経済社会発展事業に対する青年の役割の向上を目指す対策について意見を出すよう希望を表明しました。

また、ニャン議長は今後、青年は農業分野における新型協同生産組合の実施に先頭に立つことへの期待を示しました。会議に参加した代表らは国際社会への参入を進めてゆく中でのベトナムの伝統文化の維持、保存に深い関心を寄せました。


ご感想

他の情報