冷凍エビに対する米国の決定に反対

冷凍エビに対する米国の決定に反対 - ảnh 1

アメリカ商務省がベトナム産の輸入冷凍エビに対する反補助金税訴訟に対する正式な判決を下したことを受け、15日、ベトナム商工省・競争管理局・貿易防衛委員会のファム・フォン・ザン副委員長は当放送局の取材に対し、「提訴以来、ベトナム政府は常に『エビの養殖・輸出業者に補助金を提供しなかった』と終始一貫して強調してきた。」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「訴訟向けの調査過程で、ベトナムの各企業と政府は、アメリカの調査機関と十分に連携し、アメリカ側の調査質問に期限通り回答したほか、ベトナム政府が補助金を提供しなかったことと各企業が政府からの何らの補助金を受けていないことを証明する資料をアメリカ側に提供しました。しかし、アメリカ商務省はベトナムのエビ輸出加工企業が政府の補助金を受けているということを結論付け、ベトナムの各企業に対して相殺関税を課す正式な判決を下しました。アメリカ商務省の結論は実情の本質とベトナムの現状を十分に反映するものではないと言えるでしょう。」

同じ日の15日、ベトナム漁業協会は、アメリカ商務省の判決への反対の宣言を出しました。

ご感想

他の情報