医療、グリーン経済等へ向かう協同生産組合の刷新

医療、グリーン経済等へ向かう協同生産組合の刷新 - ảnh 1
閣僚会議の光景

19日午前、ハノイで開催中のアジア太平洋協同生産組合の第10回閣僚会議で、参加者らは、グリーン経済、医療、教育、高齢者介護などの分野で活躍する協同生産組合について討議しました。また、「協同生産組合は常に自分の活動を刷新しなければならない。農業、消費、信用などの従来分野をグリーン経済、医療、教育、高齢者・身体障がい者・社会的弱者介護という新しい分野へとシフトさせる必要がある」と強調しました。
シンガポール協同生産組合同盟のKwek Kok Kwong会長はシンガポールにおける高齢者への介護について次のように語っています。

(テープ) 

「高齢者の介護活動に活躍する協同生産組合は、高齢者の介護に従事する人々の生活の質的向上を目指す為に、一連の製品とサービスを提供しました。また、高齢者介護担当者に総合的なスキルを身につけさせると同時に、彼らの社会への貢献に関する社会全体の認識向上を高めます。」

ご感想

他の情報