南シナ海めぐり米中が対立 アジア安全保障会議

(NHK) シンガポールで開かれているアジア安全保障会議では、アメリカのマティス国防長官が、中国は南シナ海を軍事拠点化しているなどと非難したことに対して、中国の代表団は、アメリカこそが軍事拠点化の原因だなどと反発し、米中の対立が鮮明になっています。

南シナ海めぐり米中が対立 アジア安全保障会議 - ảnh 1     アメリカのマティス国防長官

      (写真:AFP/TTXVN)

シンガポールで開かれているアジア安全保障会議は、2日目の2日、アメリカのマティス長官が演説で中国による南シナ海の軍事拠点化を指摘し、「脅迫や威圧を目的としたものだ」などと非難しました。

これに対し、中国の代表団は強く反発し、中国軍のシンクタンク、軍事科学院の何雷副院長は「南シナ海の島々と周辺海域は中国の神聖な領土で、歴史的な根拠があり、国際法上も認められている」などと従来の主張を繰り返しました。

そして、「みずからの領土に軍隊や武器を展開するのは主権の範囲内のことだ」として軍事拠点化を正当化したうえで、アメリカ軍が行う「航行の自由作戦」について「南シナ海の軍事化の根源であり、中国は断固反対し、必要な手段で断固制止する」と述べて、アメリカこそが問題の原因だという立場を強調しました。

分科会では、パネリストとして出席したアメリカの上院議員が「南シナ海の島々や周辺海域が中国の領土だという主張は国際法では認められていない」と反論するなど、ことしの会議は米中の対立を鋭く印象づけるものとなっています。


ご感想

他の情報