南北朝鮮、離散家族の再開で合意

18日、朝鮮民主主義人民共和国の朝鮮中央通信は、同国は韓国が提案していた離散家族再会事業の再開に同意し、中秋節に合わせて9月19日に実施すると伝えました。

南北朝鮮、離散家族の再開で合意 - ảnh 1
(写真:Infonet)

離散家族の再会は北側の観光地、金剛山(クムガンサン)で行われます。また、境界を越えた金剛山の観光再開についても協議するということです。

南北朝鮮の離散家族の再会事業は2000年の南北首脳会談から始まり、これまで18回にわたって3500世帯の1万7100人が再会を果たしたが、2010年を最後に途絶えていました。

当時の報道によりますと、韓国では約8万人が再会事業への参加を申請していました。しかし、韓国統一省によれば、4万人は既に死亡したか、再会をあきらめているとしています。

 

 

ご感想

他の情報