原子力の応用を促進

(VOVWORLD) - 11月1日、ハノイで、科学技術省は、経済社会発展事業への原子力応用に関する第3回シンポジウムを行いました。
原子力の応用を促進 - ảnh 1

現在、科学技術省や、関連各省庁、機関は、多くの分野での放射線技術応用プロジェクトを展開するために、IAEA=国際原子力機関との連携を強化しています。したがって、その技術は農業や、医療など様々な分野に導入されています。

医療分野に関し、ハノイのバクマイ病院のマイ・チョン・コア博士は、「放射線技術学は難病の発見・診断・治療に役立っている」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「放射線医学と核医学の統合により、一回だけで2つの分野に関する画像が収録できるようになります。これにより、2つの有益な結果が収めます。これは難病の治療に役立ちます。」

シンポジウムで、参加者らは、放射線技術学開発のための基盤づくりの重要性を強調しました。

ご感想

他の情報