取り決めないEU離脱 英経済リーマンショック超の影響と試算

(NHK)イギリスのEU=ヨーロッパ連合からの離脱が来年3月に迫る中、イギリスの中央銀行、イングランド銀行は、EUと合意した離脱協定案がイギリス議会で承認されず、取り決めのないまま離脱した場合、イギリス経済への影響はリーマンショックを超えるおそれがあるとする試算を公表しました。
取り決めないEU離脱 英経済リーマンショック超の影響と試算 - ảnh 1      (写真: AFP/TTXVN

イギリスではEUと合意した離脱協定案について、来月11日に議会で採択が行われることになりましたが、合意の内容に対する不満は根強く、議会で承認が得られるかどうかは不透明な状態が続いています。

これについてイギリスの中央銀行、イングランド銀行は28日、取り決めのないままEUから離脱することになった場合、経済がどのような影響を受けるかの試算を公表しました。

それによりますと、来年のイギリス経済は最悪の場合、通貨ポンドの急落などによってGDP=国内総生産が最大で8%落ち込み、リーマンショックを上回る景気後退を引き起こすおそれがあるとしています。

またこの日、イギリス財務省も同様の試算を公表し、イギリス経済は15年間で9%以上落ち込むとしています。

メイ首相は今週から西部のウェールズや北アイルランドをまわり、国民に直接、支持を呼びかけるキャンペーンを始めていて、議会での採決が行われる11日までに、EUと合意した離脱協定案への理解を広げられるかが焦点になります。

ご感想

他の情報