台風8号 奄美など高波に警戒を

(NHK)台風8号が沖縄の南を大陸の方向へ進んでいます。
奄美地方を中心に沿岸の波が高くなっていて、気象台はうねりを伴った高波に警戒するよう呼びかけています。
気象庁の発表によりますと、非常に強い台風8号は、10日正午には、宮古島の東南東、110キロの海上を1時間に30キロの速さで、西よりに進んでいるとみられます。

中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

また、中心の北東側500キロ以内と、南西側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風はこのあと、台湾や大陸の方向に進む見込みです。

現在、奄美地方の一部が強風域に入っていて、与論島では午前9時20分ごろに21.1メートルの最大瞬間風速を観測しました。

県内の沿岸では波がうねりを伴って高くなっています。

10日の波の高さは、奄美地方の南部が7メートル、奄美地方の北部が6メートル、十島村が5メートル、種子島・屋久島地方と大隅地方が4メートル、薩摩地方が2.5メートルと予想されています。

気象台は奄美地方ではうねりを伴った高波に警戒するよう呼びかけています。
また、強風にも十分な注意が必要です。

ご感想

他の情報