台風9号が中国に上陸 “せきとめ湖”決壊で18人死亡

(NHK)中国では、10日未明に上陸した台風9号の影響で、大雨や暴風による被害が広がっていて、このうち東部の浙江省では、川が土砂にせき止められて湖のようになった「せき止め湖」が決壊し、18人が死亡し、14人が行方不明になっています。

中国の中央気象台によりますと、台風9号は10日未明、東部の浙江省に上陸したあと、北上を続けていて、中国では東部を中心に大雨や暴風の影響が広がっています。

国営の中国中央テレビによりますと、このうち、浙江省の温州市では、川が土砂にせき止められて湖のようになった「せき止め湖」が決壊し、これまでに18人が死亡し、14人が行方不明になっているということです。

このほか、浙江省では、200棟余りの建物が倒壊したほか、浙江省と上海市では、合わせて100万人以上が避難しているということです。

この台風の影響で、上海にある2つの空港では、10日は1日で国際線と国内線の合わせて約2000便が欠航したり、欠航を決めたりしています。

また、多くの区間で高速鉄道が運転を見合わせるなど交通への影響も広がっています。

台風は、11日にかけて中国東部を北上する見通しで、気象台は、引き続き大雨や暴風への警戒を呼びかけています。

ご感想

他の情報