司法活動の不祥事の実態とその防止対策に関するシンポジウム

司法活動の不祥事の実態とその防止対策に関するシンポジウム - ảnh 1


2日、ホーチミン市で、司法改革中央委員会はシンポジウムを行い、南部における司法活動の不祥事の実態とその防止対策について討議しました。

シンポジウムに参加した代表は「汚職や不祥事に関する防止対策を強化するための法律の整備と完備に励むと共に、共産党の決議とホーチミン主席の道徳を見習う運動の実施を通じて、幹部や職員の責任感を向上させるように」との意見を出しました。最高人民検察院所属検察科学研究所のホアン・ティ・クイン・チ( Hoang Thi Quynh Chi) 副所長は次のように語りました。

(テープ)

「司法改革を推進する中で、司法活動における汚職や不祥事との戦いは差し迫った任務です。これは司法活動における綱紀粛正に対する共産党と政府の決意を示しています。司法活動がきちんと実施されなければ、制度の存亡に影響を与えることでしょう。そのため、司法活動に特別な関心を寄せる必要があります」

ご感想

他の情報