各国のメディア、ベトナムの発展を評価

(VOVWORLD) - 近年、ベトナムは世界のマスメディアの注目を集めています。

先ごろ、スイスのフランス語新聞「ル・タン(Le Temps)」は、「ベトナム、世界の新しい工場」と題する記事を掲載し、ベトナム経済の発展を高く評価しています。同紙は、「安い人件費や、投資家への優遇政策、自由貿易に関する合意などはベトナムの輸出を促進する要素となっている」と分析しています。

一方、イギリスの電子新聞「Inquirer.net」は、「ベトナムは東南アジアの新しい工業センターとなっている」と題する記事の中で、「この20年間、ベトナムは農業国から、工業分野における魅力的な投資先に発展してきた。その迅速な成長は、輸出の発展や、工業団地の発展、ベトナムが締結してきた複数のFTA=自由貿易協定のメリット、若い労働力などによるものである」と伝えています。

同時に、同紙は、ベトナムが数年後に直面する試練も指摘し、その中で、「第4次産業革命への適応や、インフラ整備への巨額の投資、輸出業者と生産業者のコストダウンなどの問題がある」としています。

関連ユース

ご感想

他の情報