各国の代表、ムオイ元書記長に弔問

(VOVWORLD) - すでにお伝えしましたように、10月6日、ハノイの国家葬儀堂や、ホーチミン市のトンニャット会堂で、ド・ムオイ元党書記長の弔問式が行われ、多くの国の代表団が参列しました。

弔問に訪れたのは、ラオスのトーンルン・シスリット首相や、カンボジアのマエン・サムオーン副首相、キューバ共産党のオルガ・イグレシア書記などです。また、ベトナム駐在各国の大使館と国際組織の代表も弔問に訪れました。

ベトナム駐在アメリカのクリステンブリンク特命全権大使は、弔問記帳簿の中で、「ド・ムオイ書記長の任期において、ベトナムとアメリカは歴史的な問題を解決し、関係正常化を進め、その結果、1995年に国交が正式に樹立された。両国国民は、ムオイ書記長の遺産を継承し、パートナーシップと友好関係を深化させてきた」と明記しました。

一方、UNICEF=国連児童基金ベトナム事務所のアブデル₋ジェリル所長は記帳し、ベトナムの子供保護事業に対するムオイ書記長の貢献を讃えました。IMF=国際通貨基金のダーンベトナム所長は、「ムオイ書記長はベトナムのドイモイ事業と国民の生活改善に多大に貢献した」と明記しました。

ご感想

他の情報