各国の指導者、ベトナムに弔電

(VOVWORLD) -

ベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席が死去したことを受け、多くの国々の指導者らはベトナムの党、国家、政府、国会、国民に弔電を送り、弔意を表明しています。

各国の指導者、ベトナムに弔電 - ảnh 1

これまで届いた弔電は、ASEANの指導者らや、ロシアの議会下院であるドゥマのヴャチェスラフ・ヴォロディン(Vyacheslav Volodin)議長、フィリピンのロドリゴ・ロア・ドゥテルテ大統領と外務大臣、ミャンマー連邦共和国の大統領と国家顧問、オーストラリアの総督と首相、スペインのフェリーペ国王、UNESCO=国際連合教育科学文化機関のオードレ・アズレ事務局長、ウズベキスタン共和国の大統領、ベラルーシ共和国、パキスタン・イスラム共和国の大統領、ニュージーランドの総督、スロバキア共和国の大統領、アイルランドの大統領、エジプト・アラブ共和国の大統領、ドミニカ革命 党、トルコ共和国のメヴリュット・チャヴシュオール・外務大臣などです。

弔電の中で、各国の指導者らは、各国の国民を代表して、クアン主席の遺族に哀悼の言葉を述べました。その中で、「チャン・ダイ・クアン国家主席は、国のために生涯を捧げ、国民の生活改善と国際社会におけるベトナムの威信向上に大きく貢献した人物である。クアン主席はベトナムの刷新と建設事業に生涯を捧げ、世界各国とベトナムの全面的パートナー関係の強化に重要な貢献をしてきた。」と強調しました。

ご感想

他の情報