各国も旧正月を祝う


旧正月の大晦日に当たった18日夜、多くの国で、旧正月を迎える活動が活発に行われました。中国の市街地などでは、花火や爆竹をならし、年越しを祝いました。上海では、旧正月の年越しを祝うため、18日午後11時ごろからいたるところで爆竹や花火が打ち上げられました。


各国も旧正月を祝う - ảnh 1
(写真:NP)

一方、アメリカのニューヨーク市は同日、旧正月を祝う花火大会を催しました。ニューヨークが旧正月を祝うために花火を大規模に打ち上げたのは初めてです。

他方、イギリスの首都ロンドンの当局も、2月22日にパレードやパフォーマンスなど旧正月を祝うメインイベントをトラファルガー広場で開催することを許可しました。

さらに、スウェーデンや、韓国、フィンランド、デンマーク、オーストラリアなど各国の指導者らも、旧正月を楽しんでいる人々をお祝いの言葉を送っています。

アメリカのケリー国務長官は18日、旧正月を祝うアジア太平洋の国・地域の人々に向けて談話を発表し、オバマ大統領とアメリカ国民にかわって陰暦の新年を祝う世界中の人々の健康と幸運・幸福を祈るとしながら、アメリカもまた「太平洋国家の一員」であることを強調しました。

また、「新年には挑戦しなければならない大きな課題が多いが、私たちが協力すればより大きなことを成し遂げられるだろう」としています。

ご感想

他の情報