国会の8日午前の討議

(VOVWORLD) - 8日午前、国会では、ベトナム海上警察法案が討議されました。

席上、「海上警察に関する法的枠組の完備や、国防力と安全保障能力の向上、海上警察法令の問題点解決、法律システムの統一性の確保、国際条例の尊重、国家の領有権の保護、海上での安全な環境の維持などを目指し、海上警察法を制定する必要がある」との意見が相次ぎました。

また、議員らは、「この法律は、2020年までの海洋戦略や、新しい状況における祖国防衛戦略、海洋警察の権限・活動範囲などを具体化させる必要がある」と提案しました。南部バリアブンタウ省選出のファム・ディン・クック議員は次のように語りました。

(テープ)

「ベトナム東部海域の総面積は350万平方キロで、その中で、ベトナムの領海は100万平方キロ以上を占めていることから、この法律の制定に賛同します。ベトナムの2013年憲法や、国際法に従って、重い任務を果たしている海上警察の活動の有利な法的枠組を作り出すため、この法律の制定は差し迫った問題となっています。」

これより前に、国会は賛成多数で、国防法改正案を採択しました。8日午後、国会は、2019年の立法計画と今年の計画調整に関する決議案を審議・採択するほか、栽培法案を討議しました。

ご感想

他の情報