国会、特別行政・経済区法案を討議

(VOVWORLD) - 23日、ハノイで開催中の第14期国会第5回会議では、特別行政・経済区法案に関する報告が討議されました。
国会、特別行政・経済区法案を討議 - ảnh 1      (写真:quochoi.vn)

この法案は、東北部クアンニン省バンドン地方や、中部カインホア省バクバンフォン地方、南部キェンザン省フークオク島で設立予定の特別行政・経済区の企画や、体制、特別な政策、各機関の組織・構造、優先分野などを規定するものです。

国会法律委員会のグエン・カク・ディン委員長は、「ベトナムは既に、各特区への投資誘致や、知的経済の開発、グリーン成長の促進などに関する政策を定めてきた」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「国会議員らの意見を基礎に、この法案に盛り込まれた特区の企画に関する内容が調整されました。特区向けの特別な製作体制に関し、国会常務委員会は特別なサービス分野を補充しました。具体的には、バンドン特区は金融サービスを、バクバンフォン特区は海洋経済や航行を、フークオク特区は観光と娯楽を優先分野にします。」

一方、議員多数は特別行政・経済区法の制定に賛同し、「これは党の路線や、憲法の規定を具体化させるものである」としています。タインホア省選出のマイ・シ・ジェン議員は次のような見方を示しています。

(テープ Dien)

「この法律の制定は慎重に進める必要がありますが、制定しなければなりません。これは、今後数年間の経済体制改革にも役立つと思います。この法案の各項目はいずれも、憲法に合致し、国際的競争や、国防・安全保障事業の要求に応えるものです。」

同日、土地区画整理法改正案に関する報告が読み上げられました。その後、議員らはグループに分かれて、土地区画整理法改正案や、栽培法案を討議しました。

ご感想

他の情報