国会経済委員会第4回全体会議

14日、国会経済委員会は第4回総会を開き、2011年の経済社会発展計画の実施状況を総括する追加報告、2012年始めからの数ヶ月における経済社会発展計画の実施状況を総括する報告、生産協同組合の改正法案などを討議しました。総会で読み上げられた報告によりますと2011年の経済社会発展任務の実施は前向きな成果を収めました。経済成長率は5,89%に達しました。インフレの抑制とマクロ経済の安定化に力を入れていた背景の中で、このような経済成長率を達成したのは喜ばしいものです。今後実施される経済再構築には投資、商業銀行、及び、国営企業の再構築が3つの柱となります。

生産協同組合の改正法案に関して、国会経済委員会は「この改正法案は新型の生産協同組合の発展を奨励するためのものである。これにより、生産協同組合を始め、集団経済セクターが国の経済に重要な役割を担うものになることが狙いである」と明らかにしました。

ご感想

他の情報