国会、預金保険法案審議

23日午後、ハノイで開催中のベトナム国会第13期第3回会議で、預金保険法案について討議が行われました。席上、「預金保険はベトナムドンで実施するだけで、外貨、貴重な金属あるいは金では実施しない」という意見が相次ぎました。

中部ゲアン(NGHE AN)省選出のファン・バン・クイ(PHAN VAN QUY)国会議員は次のように語りました。

「テープ」

「現在の預金保険料が預金額の0,15%であることを規定していますので、銀行間の競争力はありません。預金保険料はリスクレベルに基づいて計算した方が良いと思います」

クイさんはこのように語りました。

なお、カントー(CAN THO)市選出のフィン・バン・ティエプ(HUYNHVANTIEP)国会議員は次のように語りました。

「テープ」

「国会常務委員会は政府にベトナム預金保険組織の設立を、そして、国家銀行にその組織の管理を委託したことに賛同しています。また、透明性を確保するため、預金保険法には、保険料の支払い率を規定しなければならないと思います」

ティエプ議員はこのように語りました。

ご感想

他の情報