国会 告発法改正案を討議

(VOVWORLD) - 24日午前、ハノイで開催中の国会は全体会議を開き、告発法改正案について討議しました。
国会 告発法改正案を討議 - ảnh 1 ベトナム国会

国会議員らは、告発形式、告発期限、告発の取り下げ、告発者の保護など意見が異なっている内容について集中的に討議しました。

国会法律委員会のグエン・カック・トゥ委員長は、ファクシミリや電話、イーメールなどを利用する告発形式の追加を検討しているものの、告発の乱用を防ぐための措置を講じていると述べました。現行の告発法は、申出書提出と直接という2つの形式を規定しているものの、告発形式を拡大する必要があるとの意見が相次ぎました。

北部トゥエン・クアン省選出のマ・ティ・トゥイ議員は次のように語りました。

(テープ)

「告発者の権利と義務について、告発が合法的に行えるように、告発者は、法律家協会や関連省庁などから法律コンサルティングを受けるようになるという規定を追加する必要があると思います。」

24日午後、国会は競争法改正案の審査報告について討議しました。

ご感想

他の情報